【新大久保・新宿・渋谷】韓国料理 スランジェ | ブログ | ~ 韓国の風習 節分 ~ |

ブログ

~ 韓国の風習 節分 ~

14年02月03日19時48分

皆様  こんばんは!

 
東京は春のような暖かさになりました。
 
今日のブログでは韓国の風習について書きます。
2月3日は「節分の日」です・・・韓国にも「節分の日」があります!!
 

韓国では、旧暦の1月15日の日を
“チョンウォルデボルム”と言い、
日本の「節分の日」と似たような伝統儀式(?)が行われます。
 
というのも、
日本では節分の日に“豆まき”で鬼退治をしますが、韓国では落花生や胡桃・生栗・銀杏などを噛んで、その出る音で鬼退治をします。
 

(写真は転載)

この儀式は元々、
殻付き乾物や穀物を割って食べることによって、体にデキモノや腫れ物が出来ないようにし、歯を丈夫にするという意味があったようですが、その殻を割る音で鬼がビックリして逃げる、と信じられております(^^)
他にも、雑穀米を食べ、“無病息災”を祈るようです。
 

(写真は転載)

旧暦1月15日は、今年は2月15日。

スランジェの“満月イベント”も行われますので、是非お立ち寄りくださいませ!!(*^^*)



ページの一番上へ