このページではJavaScriptを使用しています。


ブログ

~三重県 AQUA×IGNIS(アクアイグニス)~ その1

16年12月18日09時27分

皆様 こんにちは。

少し前の話ですが、、、

「癒し」と「食」をテーマとした、女性に大人気の施設が三重県にあるとの噂を聞き、
スランジェ料理長と共に視察に行ってきました!!

東京から名古屋まで新幹線、名古屋から近鉄急行に乗り換え”近鉄四日市”まで。
さらに乗り換え、目的地の”湯の山温泉駅”まで、実に4時間を越える道のり。。。

今回の目的地はこちら↓↓↓

o0960072013821992545[1]

AQUA×IGNIS(アクア×イグニス)

別名”美人の湯”とも呼ばれる名湯”片岡温泉”と、3人のスターシェフによる”食”とのコラボが人気です。

名湯と幻想的な夜景に心を奪われそうになりつつも・・・

この三重県の山奥にある施設に、年間100万人の来場者が訪れている理由を探ることに集中。

施設の中をトコトコ歩いていたら・・・

「Confiture H(コンフィチュール・アッシュ)」を発見。

o0960072013821992553

自由が丘の超人気店「モンサンクレール」のオーナーシェフであり、世界のトップパティシエとして活躍されている辻口博啓さんがプロデュースしているお店です。

o0960074413821996318

スランジェも以前、渋谷ヒカリエの人気企画で辻口さんとコラボさせていただきました。その節はお世話になりました。

店内に一歩足を踏み入れると、、、
広~いオープンキッチンの中に十数名のパティシエたちが、今まさに目の前でスイーツを作っている圧巻のパノラマ。

店内の奥に設けられているカフェにて、作りたて”セラヴィ”を頂きました。(#^^#)シアワセ~

ここで作られているスイーツは、材料となる野菜とフルーツをスタッフ自ら育成。
さらにアクア×イグニス敷地内にある”TSUJIGUCHI-FARM”では、辻口さんならではのスペシャルな苺を栽培しています。
ここでしか味わえない、最高の苺スイーツを楽しめるのも大きな魅力。

素材となる食材が見え、生産者の顔が見える。
さらに完成品を作り上げるパティシエの顔も見え、ここで味わうことが出来る。

本当の意味での”地産地消”を学んだ気がしました。

さて、研修日記の続きは、、、近日中にまたアップいたします。



ページの一番上へ